ヒートスリムの口コミから見える効果とは?

ダイエットにつきものの停滞期の過ごし方についてです。
MENU

ダイエットの停滞期の過ごし方について

体重計に乗る女性

 

ダイエットをしたことがある人は当然経験したことがある停滞期。

 

この停滞期が訪れると本当にダイエットをしたくなくなりますよね。

 

そこで今回はダイエットの停滞期はどんな過ごし方が良いのか、ご紹介します。

 

急激なダイエットは停滞期が起こりやすい!

急激なダイエットをしている人は停滞期が起こりやすいです。
2週間で3キロ減らすなど、一気に痩せようとするのは、後々長い停滞期に苦しみます。

 

こういった人は停滞期のうまい過ごし方を実行できなくて、ダイエットが失敗しやすいです。

 

ちなみに1ヶ月で5%以上、体重を落としてしまうと
停滞期に陥りやすいとされており、3ヶ月程度苦しむ人もいます。

 

停滞期の過ごし方その1.食事制限は負荷を減らす

たいていの人は厳しい食事制限をしている人が多いですが、
停滞期に入って体重が減らないからといって、さらに過酷な食事制限をするのは正しい停滞期の過ごし方とは言えません。

 

停滞期に入ったら、食事負荷を増やすのではなく、負荷を少なくしましょう。

 

停滞期の過ごし方その2.運動量を増やす

停滞期に入ったら体重が減らなくてがっかりしますよね。一気にやる気がなくなる人もいるでしょう。

 

しかし、ここで運動をやめてしまうと、太ってしまう可能性が高くなります。

 

停滞期に入っても、その期間は運動を継続し、
できるなら少し運動量を増やした過ごし方をするのが良いでしょう。

 

停滞期の過ごし方その3.ドカ食い日を設ける

停滞期に入ったら、1〜2週間に1回、
ドカ食い日(チートデイ)を設けましょう。

 

もちろん、エンドレスで食べることはNGですが、
通常の基礎代謝量の3倍程度摂取してOKです。

 

こうすることで、栄養は十分足りているという
指令が脳へ伝達されるため、停滞期を脱するきっかけになるともいわれているのです。

 

注意したいのはちょっと食事量を増やす程度です。
これではしっかり刺激されないので、体重増加になるだけになります。

 

停滞期の過ごし方その4.食事内容を見直す

停滞期に入りやすい人は無理な食事制限をしている人が多いです。

 

停滞期に入ったからこそ、バランスの良い食事に見直してみましょう。

 

健康的に痩せる、太りにくい体を作る食事を心がけてください。

 

その他停滞期のおすすめの過ごし方

太っていたときの写真を見て振り返ってみるのも、結構良いです。

 

もうあの頃には戻りたくない!という気持ちが強くなり、頑張って乗り切れます。

 

また、これまで頑張ってきたものをムダにしたくないと考えるのも良いでしょう。

 

痩せたときにしたいことを想像する、計画を立てるのも良いですよね。
ダイエットが成功したら、ミニスカートを着る、露出の多い水着を着るなども夢があると思いませんか?

 

このページの先頭へ